設定オプション ー インターフェース

設定オプション ー インターフェース




このメニューでは、Surflyウェブサイトやコブラウジングセッションのインターフェースに関する設定ができます。
※これらのオプションは、JavaScript APIやREST APIで設定値を指定することも可能です。
※既に作成済みのスペースに対しても、設定オプションを固定していない限り、ダッシュボードオプションの変更が即時反映されます。既存スペースの設定オプションの固定はREST APIで可能です。詳細はこちらをご参照ください。

1. [language:]

UIに使用する言語を選択できます。初期値では日本語が選択されています。
※言語を日本語以外に選択して発生した問題につきましては技術サポート対象外となりますので、ご了承ください。

2. [chat_enabled:]

テキストチャットを有効にします。初期値では設定が有効です。

3. [start_with_chat_open:]

テキストチャットやビデオチャットを行うサイドバーを開いた状態でセッションを開始します。初期値では設定が無効です。
なおセッション開始後は、操作パネル上からサイドバーの表示の切り替えが可能です。詳細は、セッション操作マニュアルをご参照ください。

4. [start_with_invite_modal:]

セッション開始時に、参加者をセッションに招待するためのモーダルを表示します。初期値では設定が無効です。
インバウンドセッションでは、[一般]–[block_until_agent_joins:] が有効の場合、このモーダルは表示されません。

このオプションを無効にしていても、ダッシュボードから開始するアウトバウンドセッションでは常にこのモーダルが表示されます。

5. [new_urls_allowed:]

参加者が新しいタブを開くのを許可します。初期値では設定が有効です。

Surflyセッション内の仮想タブ一覧の右側にある「+」から新しいタブを開くと、ダイアログが表示されます。
新しいURLを入力してEnterキーを押すか、または「表示」ボタンを押すと、指定したWEBサイトを表示できます。

このオプションが無効の場合、以下のようにダイアログ内に新しいURLの入力欄が表示されなくなり、セッション内では誰も新しいタブを開くことができなくなります。

6. [invitations_allowed:]

現在進行中のセッションへの他の参加者の招待を許可します。初期値では設定が有効です。

他の参加者を招待するには、仮想タブ左横のアイコンからセッションに参加しているユーザー一覧パネルを表示します。
パネル上部の「招待」ボタンを選択すると、招待モーダルが表示されます。


※この設定を無効にしても、URLを知っているユーザーはセッションに参加することが可能です。

7. [notification_position:]

セッション内通知のスクリーン内での表示位置を指定します。
初期値は「右下」が選択されています。

8. [filesharing_enabled:]

ファイル共有を有効化します。初期値では設定が有効です。

9. [videochat_enabled:]

ビデオチャット機能の利用を許可します。初期値では設定が有効です。

10. [start_with_videochat_on:]

セッションの開始時にビデオチャットを起動します。初期値では設定が無効です。

11. [start_with_fullscreen_videochat:]

全画面表示モードでビデオチャットを開始します。初期値では設定が無効です。

12. [videochat_prompt:]

セッション内でビデオチャットを開始した際に、他のユーザーにデバイス選択画面を表示します。初期値では設定が有効です。
このオプションが無効の場合、セッション内でビデオチャットを開始時に、他の参加者がビデオチャットに参加するよう促されなくなります。
代わりに、他の参加者はマイクとカメラがオフの状態でビデオチャットに自動で参加します。

オプションの変更後は、必ず画面下部の[保存]を選択して変更を保存してください。




    • Related Articles

    • 設定オプション ー 一般

      こちらのメニューでは、Surflyの一般機能についての設定ができます。 ※これらのオプションは、JavaScript APIやREST APIで設定値を指定することも可能です。 ※既に作成済みのスペースに対しても、設定オプションを固定していない限り、ダッシュボードオプションの変更が即時反映されます。既存スペースの設定オプションの固定はREST APIで可能です。詳細はこちらをご参照ください。 1. [language:] UIに使用する言語を選択できます。初期値では日本語が選択されています。 ...
    • 設定オプション ー セキュリティ

      このメニューでは、Surfly全般のセキュリティに関する設定ができます。 ※これらのオプションは、JavaScript APIやREST APIで設定値を指定することも可能です。 ※既に作成済みのスペースに対しても、設定オプションを固定していない限り、ダッシュボードオプションの変更が即時反映されます。既存スペースの設定オプションの固定はREST APIで可能です。詳細はこちらをご参照ください。 1. [anyone_can_deactivate_space:] ...
    • 設定オプションーセッション外観

      このメニューでは、コブラウジングセッションの外観についての設定を行うことができます。 ※これらのオプションは、JavaScript APIやREST APIで設定値を指定することも可能です。 ※既に作成済みのスペースに対しても、設定オプションを固定していない限り、ダッシュボードオプションの変更が即時反映されます。既存スペースの設定オプションの固定はREST APIで可能です。詳細はこちらをご参照ください。 1.[start_with_loading_screen:] ...
    • 設定オプション ー 会社情報

      このメニューでは、会社組織の独自情報を設定することができます。 ※これらのオプションは、JavaScript APIやREST APIで設定値を指定することも可能です。 ※既に作成済みのスペースに対しても、設定オプションを固定していない限り、ダッシュボードオプションの変更が即時反映されます。既存スペースの設定オプションの固定はREST APIで可能です。詳細はこちらをご参照ください。 1.[agents_name:] ...
    • 設定オプション ー セッション機能

      このメニューでは、コブラウジングセッションの機能に関する設定ができます。 ※これらのオプションは、JavaScript APIやREST APIで設定値を指定することも可能です。 ※既に作成済みのスペースに対しても、設定オプションを固定していない限り、ダッシュボードオプションの変更が即時反映されます。既存スペースの設定オプションの固定はREST APIで可能です。詳細はこちらをご参照ください。 1. [chat_logs_enabled:] ...