画面共有機能

画面共有機能

画面共有機能は、セッション中に操作権のあるユーザーが自身の画面を共有することができる機能です。
この機能を使うことで、コブラウズすることのできないWebページやデスクトップアプリ、ローカルファイルなどをセッション内で共有することが可能になります。

なお、本機能はSurflyのメイン機能である「コブラウジング」とは全く異なる機能になります。
コブラウジングと一般的な画面共有の違いについてはこちらをご参照いただき、機能の違いについてご理解いただいたうえで本機能をご利用ください。

画面共有機能をご利用の前に

ダッシュボードオプションの設定で、[セッション機能]-[screensharing_enabled:]が有効になっていることを確認してください。
オプションの詳しい説明につきましては、こちらをご参照ください。

画面共有機能を利用することでセキュリティ面などにおいて懸念が生じる場合には、本機能はダッシュボードの設定で無効化することをお勧めいたします。
その他、画面共有を実際に利用する前に「Surfly機能に関する制限事項」の画面共有に関する記載をよくお読みの上、ご利用をお願いいたします。

画面共有機能の利用方法

  1. 仮想タブ「+」をクリックしてください。
  2. 新しいURLを入力するか画面共有を開始するか選択できるので、「画面共有」のアイコン(赤枠部分)を選択してください。


  3. ご自身のブラウザから表示されるダイアログで、どの画面を共有するか選択してください。Google Chromeから開始した場合、デスクトップ画面全体、デスクトップアプリ、他のタブなどから選択が可能です。
    ※選択できるものはブラウザによって異なる可能性があります。また、macOSからご利用の際には、権限などの設定が必要な場合がございます。ブラウザの設定やOSの設定については技術サポート対象外となりますので、ご了承ください。

  4. 選択後は、セッション内の新しいタブで画面共有が開始されます。画面共有を停止するには、共有中のタブを閉じるか、画面下部に表示される「共有を停止」ボタンをクリックしてください。
    ※画面共有中に他のユーザーに操作権を渡しても、画面共有は行われ続けます。画面共有を停止するには、画面下部の「画面共有を停止」ボタンをクリックしてください。


    • Related Articles

    • 注意事項と既知の制限事項

      現在Surflyで判明している注意事項と既知の制限事項は以下の通りです。 注意事項 UIに使用する言語は、初期値で日本語が選択されています。他の言語もご利用いただけますが、言語を日本語以外に選択して発生した問題につきましては、技術サポート対象外となります。 ...
    • コブラウジングセッション操作方法

      コブラウジングセッション中の操作方法について説明します。 1. 操作パネル セッションを開始すると、コブラウズ画面の右上に操作パネルが表示されます。 操作パネルでは、セッション中の様々な機能を操作できます。 操作権交替 現在選択されているタブが別の参加者がオーナーとなっているタブの場合は、このアイコンから操作権を要求することができます。 現在選択されているタブが自身がオーナーとなっているタブの場合は、このアイコンから別の参加者に操作権を変更することができます。 ...
    • 設定オプション ー セッション機能

      このメニューでは、コブラウジングセッションの機能に関する設定ができます。 ※これらのオプションは、JavaScript APIやREST APIで設定値を指定することも可能です。 ※既に作成済みのスペースに対しても、設定オプションを固定していない限り、ダッシュボードオプションの変更が即時反映されます。既存スペースの設定オプションの固定はREST APIで可能です。詳細は こちら をご参照ください。 1. [chat_logs_enabled:] ...
    • リリースノート

      Surflyのこれまでのリリース内容( 新機能・変更・修正事項)の履歴です。 2024.6.7 モバイル端末でビデオチャット時のカメラの表示範囲が変更されました。 オプション[セッション機能]-[allow_opening_urls_from_query_parameter:]が新しく追加されました。詳細については、こちらをご覧ください。 2024.5.24 オプション[セッション機能]-[document_viewer:]の初期値を「マルチフォーマット」から「PDF」に変更しました。 ...