ドキュメントエディター ー その他の機能

ドキュメントエディター ー その他の機能

ドキュメントエディターのその他の機能について説明します。

1.「コメント」

ドキュメント上で行われた変更は、すべてログとして保存されます。メニューバー右上の「コメント」アイコンをクリックすることで確認が可能です。
ログには編集内容、編集を行ったユーザーの情報が含まれています。各ログに、コメントやステータスを追加することが可能です。

ドキュメント内の編集内容が削除されると、その作業内容のログ自体も削除されます。

  1. コメントを検索
    特定のログを検索することが可能です。
  2. フィルタ
    編集を行ったユーザー名や、編集内容のタイプや色によって、ログをフィルタリングできます。

  3. 並び替え
    ログの表示順を並び替えることが可能です。
    1. 位置
      ドキュメント内での編集位置に基づいて、ログを並び替えます。
    2. 作成日
      作成日時に基づいて、ログを並び替えます。
    3. 変更日
      変更日時に基づいて、ログを並び替えます。
    4. ステータス
      編集内容のステータス別に、ログを並び替えます。
    5. 作成者
      編集を行ったユーザー別に、ログを並び替えます。
    6. 種類
      編集内容の種類別に、ログを並び替えます。

    7. 編集内容の色別に、ログを並び替えます。

2. 「メニュー」

メニューバー左上の「メニュー」から各種機能が利用できます。

  1. ダウンロード
    ドキュメントをPDFとしてダウンロードすることができます。ダウンロードしたPDFファイルには、ドキュメントエディターで行った編集内容もすべて記録されています。
  2. 名前を付けて保存
    ドキュメントをPDFとしてダウンロードする際にファイル名を設定して保存できます。ダウンロードしたPDFファイルには、コメントや注釈を含めるかどうか指定できます。

  3. 印刷
    ドキュメントを印刷することができます。コメントや注釈を含めたり、印刷品質の変更、透かしの挿入などが可能です。
    ※現在この機能はご利用できません。
  4. 設定
    1. 全般的
      1. 言語
        言語を変更できます。
        ※この機能は技術サポート対象外です。
      2. ダークモード/ライトモード
        ダークモード/ライトモードに画面表示を変更できます。

    2. キーボードショートカット
      ドキュメントエディター内での操作で利用するショートカットキーを設定できます。

    3. 詳細設定
      ドキュメントエディターの利用に関する詳細な設定です。
      ※この機能はモバイル端末からは利用できません。
        1. 閲覧中
          -フェードページナビゲーションコンポーネントを無効にする:
            ページ ナビゲーション コンポーネントを常に画面に表示します。デフォルトの動作は、非アクティブ状態が一定時間続くとフェードすることです。
        2. -ネイティブスクロールを無効にする:
            ネイティブのモバイル デバイスのスクロール動作が以前に有効になっている場合は無効にします。デフォルトでは、ネイティブのモバイル デバイスのスクロール動作はオフになっていることに注意してください。
        3. 注釈
          -注釈ポップアップからのツールの規定のスタイルの更新を無効にする:
            注釈を作成した関連ツールへの注釈スタイルの更新の同期を無効にします。そのため、注釈のスタイルが変更された場合、ツールのデフォルト スタイルは更新されません。
        4. ノートパネル
          -Enterによるメモの送信を無効にする:
            以前に有効になっていた場合は、Enter キーを押すだけでメモを送信する機能を無効にします。これにより、メモの送信がデフォルトの Ctrl/Cmd + Enter に戻ります。
          -コメントスレッドの自動展開を無効にする:
            ノート パネルのすべてのコメント スレッドの自動展開を無効にします。
          -テキストの折りたたみを無効にする:
            ノート パネルでの注釈のテキストの折りたたみを無効にします。
        5. 探す
          -パネルを閉じるときに検索をクリアしない:
            ユーザーが検索パネルを閉じたときの検索結果のクリアを無効にします。無効にすると、ユーザーが検索パネルを閉じて再度開いても検索結果が保持されます。この設定が有効になっていても、モバイル デバイスでは検索結果がクリアされないことに注意してください。これは、ドキュメントの検索結果を表示するには、パネルを閉じる必要があるためです。
        6. ページ操作
          -ページ削除確認モーダルを無効にする:
            サムネイル ビューからページを削除するときの確認モーダルを無効にします。
          -複数選択を無効にする:
            左側のサムネイル パネルで複数選択を無効にします。


      • Related Articles

      • ドキュメントエディター ー 制限事項

        この記事では、ドキュメントエディターの制限事項について記載しています。 描画状態に関する制限事項 ドキュメントエディターでは、様々な拡張子のファイルをPDFファイルに変換して表示します。PDFファイルに変換する過程で、表示される見た目が元のファイルと若干異なるものになる場合があります。 PDF文書ファイル以外のファイルを共有した場合、日本語のフォントはドキュメントエディターが対応している適切なフォントに変換して表示されるため、元のファイルと若干異なるものになる場合があります。 ...
      • ドキュメントエディター ー 各オプションの使用方法

        ドキュメントエディターでは以下のオプションが利用できます。 1. 「閲覧」 「閲覧」機能では、ドキュメントの閲覧を行います。 メニューバー左端の「パネル」ボタンをクリックすると、「サムネイル」と「概要」を閲覧できるパネルがドキュメントの左側に表示されます。 サムネイル 各ページのプレビュー画像が表示されます。パネル内上部のバーでサムネイル画像の拡大・縮小が可能です。 概要 PDFファイルを共有した場合に、ドキュメント内に含まれるアウトライン情報を確認し、見出しごとに移動することができます。 ...
      • ドキュメント共有

        Surflyでは、製品に組み込まれたサードパーティのドキュメント共有ツールを使って、任意のドキュメントファイルをコブラウジングセッション内の参加者間で閲覧することができます。 ドキュメント共有方法 ドキュメント共有ツールの起動方法としては下記2パターンがあります: 閲覧中のWebサイトにドキュメントのリンクが埋め込まれている場合 リンクをクリックすると自動で新規タブが開き、その中でドキュメント共有ツールが起動されドキュメントが表示されます。 新規タブから手動でドキュメントを開く場合 ...
      • リリースノート

        Surflyのこれまでのリリース内容( 新機能・変更・修正事項)の履歴です。 2024.6.7 モバイル端末でビデオチャット時のカメラの表示範囲が変更されました。 オプション[セッション機能]-[allow_opening_urls_from_query_parameter:]が新しく追加されました。詳細については、こちらをご覧ください。 2024.5.24 オプション[セッション機能]-[document_viewer:]の初期値を「マルチフォーマット」から「PDF」に変更しました。 ...
      • 設定オプション ー セッション機能

        このメニューでは、コブラウジングセッションの機能に関する設定ができます。 ※これらのオプションは、JavaScript APIやREST APIで設定値を指定することも可能です。 ※既に作成済みのスペースに対しても、設定オプションを固定していない限り、ダッシュボードオプションの変更が即時反映されます。既存スペースの設定オプションの固定はREST APIで可能です。詳細は こちら をご参照ください。 1. [chat_logs_enabled:] ...